ジンソーダの作り方!クラフトジンが2022年の夏の定番になる?

ジンと言えば、ジントニックが有名ですが、クラフトジンブームの今、ジンそのものの香りを楽しめるジンソーダが定番になりつつあります。

今回は、そんなジンソーダの黄金比率レシピを教えます!

<用意するもの>

ろくもじジン30㎖
適量
ソーダ適量
グラス375ml程度がおすすめ

<作り方>

グラスに氷を満杯入れ、ジンをグラスの端からゆっくりと注ぎ込みます。
次にソーダをできるだけ、氷にあてずにグラスに注ぎます。
この時にジン3とソーダ7を3:7の割合が黄金比率です!!
お酒好きの方は、ちょっとアルコールが足りないかな?と感じてしまうかもしれませんが、炭酸と香りの割合がちょうど良いので、是非、最初の一杯は、この黄金比率をお試しください。

<ジンソーダの特徴>

アルコール度数10度
テイスト中口
製法ビルド
タイプ食中酒
食べ合わせ肉料理、揚げ物、フルーツ

<一言アドバイス>

ジンとグラスは、可能であれば冷凍庫で冷やしたものを用意すると、炭酸が飛ばずに美味しくいただけます!

アウトドアなどで、飲む際は、クーラーボックスなどで冷やしておくと良いです。

スパイスとしても使われるジュニパーベリーをベースにしたジンは、肉料理との相性も良いです。意外ではありますが、食後酒として梨やスイカなど瑞々しいフルーツと一緒に食べ合わせると非常に美味しく、口の中でフレッシュカクテルを飲んでいるような味わいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

あなたは20歳以上ですか? 本サイトはアルコール関連のページあり、20歳以上の方を対象としています。