二日酔いになりやすい酒?なりにくい酒?飲み方で変わる知っておきたいお酒の知識

お酒を飲む方なら経験した方も多い二日酔い。半日、ひどい時には1日を無駄にしながら、分かっていても飲んでしまう。
今日はほどほどにしようと思いながらも、いつの間にか飲みすぎてしまって、また同じことの繰り返し。
二日酔いのために飲む前にコンビニなどで二日酔い防止ドリンクなどを飲んでも結局は二日酔いになりませんか?
実は、それ、飲むお酒の種類が間違っているのかもしれません。
お酒には主に醸造酒と蒸留酒という2種類のお酒に分かれます。醸造酒は発酵させて作ったお酒のことでビールやワイン、日本酒などです。蒸留酒は醸造酒を蒸留して作られたお酒でジンやウォッカ、ウィスキーなど、比較的アルコール度数の強いお酒です。
結論から伝えますと、ビールやワイン、日本酒などの醸造酒の方がアルコールが体内に残りやすく二日酔いになりやすいと言われ、ジンやウィスキーなどの蒸留酒の方がアルコールが分解されやすく、次の日に残りにくいため、二日酔いになりにくいお酒です。
これ、意外ではありませんか?どちらかと言うと、蒸留酒のような強いお酒の方が、二日酔いになりやすいイメージ。
今日は、そんな辛い二日酔いが少しでも解決するかもしれませんので、是非、本記事を読んでみて、お酒の飲み方を変えてみるのも良いかもしれません。

二日酔いになりにくいお酒

ウォッカ、ジン

蒸留酒の中でも特に不純物が少ないウォッカやジンは二日酔いになりにくいお酒と言えるでしょう。しかしウォッカは最もピュアなお酒とあって、無味のためカクテルで作られることが多いです。カクテルはリキュールやベルモットのような醸造酒を混ぜることも多いので、ジンのように香りが多様であり、ストレート、ロック、ソーダ割りでも楽しめるため、おすすめです。

ウイスキー、テキーラ、ラム、焼酎

ウォッカ、ジンに比べると酒の中に含まれる不純物が多いですが、こちらも比較的、二日酔いになりにくいお酒と言われています。しかしながら、ここで注意していただきたいのは、お酒の価格。これは一概には言えないですが、安価なものではなく、なるべく値段の高いものを選ぶことをおすすめします。
二日酔いの理由はアセトアルデヒドの生成により、この物質が二日酔いの原因とされているのですが、例えばウイスキーは熟成年数が多いものほど価格が高いとものが多くあります。その分、アセトアルデヒドが生成されにくいという実験の結果があります。また、価格の高い蒸留酒は蒸留を重ね、不純物をできるだけ取り除く作業を行うため、手間がかかっています。こうした意味から、高いお酒は二日酔いになりづらいと言われます。ラムやテキーラはストレートやロックで飲まれることも多く、ウイスキーは炭酸で割っただけのハイボールという日本ならではの飲み方もできるため、カクテルなどの混ぜ物にしない楽しみ方で二日酔い対策をすると良いかもしれません。

二日酔いになりやすいお酒

ビール、ワイン、日本酒

蒸留酒と比べ、醸造酒は不純物が多いため、体内でアセトアルデヒドが生成されやすくアルコールの分解も遅いため二日酔いになりやすいお酒と言われています。とは言っても、ビール、ワイン、日本酒は食事との相性も良い食中酒代表であり、日本でも馴染みがあるお酒の種類です。ちゃんぽんと言われる色々なお酒を飲むと悪酔いすると言われることがありますが、実はこれに関しては研究結果などから証明できるものは出ていないため、都市伝説のようなことです。
もちろん、ビールやワイン、日本酒を飲むと二日酔いになるからやめた方が良い!というわけではなく、飲み方を少し変えると二日酔いにならなくなります。

二日酔いになりにくい飲み方

これについては、もちろんジンソーダや良いウイスキーのハイボールなどで最初から最後まで飲めると良いですが、やはりビールやワイン、日本酒なども1次会では欠かせないアイテム。ですが、やはり二日酔いにはなりたくないのも事実。人にもよると思いますが、やはり醸造酒は控えて蒸留酒の比率を高めることが1つの二日酔い対策の飲み方と言えるでしょう。これは実験や研究結果とは違い、本記事を書いている自称酒飲みの私の意見ではありますが、長年二日酔いが少なくすんでいる飲み方を紹介します。
やはりビール、日本酒、ワインが好きなので、1杯目、2杯目は醸造酒を飲みながら食事を楽しむという機会が多いです。しかし最初の1杯、2杯目は好きな醸造酒を”ゆっくり”食事と一緒に楽しみます。それ以降はハイボールも飲むことがありますが、安い居酒屋では安いウイスキーのハイボールが多いため、ハイボールを頼むときは山〇や白〇などの比較的価格の高めで知っている銘柄のウイスキーが置いてある時のみ食事と一緒に楽しみます。しかしこうしたウイスキーを選ぶと値段も高く、飲み放題などにも入っていないため、ここで活躍するのが食事とも相性が良く、比較的値段も安いジンソーダもしくはジンの水割り。
ハイボールのようにジンソーダは唐揚げなどのおつまみにも相性が良いです。炭酸が苦手な方は、水割りでも美味しくいただけます。蒸留酒であるジンは焼酎のように水割り、お湯割りでも美味しく、焼酎ほどの独特な香りではなく、ハーブのようなすっきりとした香りが様々な食事を挽き立てながら飲めるため、多種多様な飲み方と割るだけで美味しくいただけるジンは二日酔い対策にふさわしいお酒でおすすめです。

二日酔い対策

とにかく「水」が重要!今では、コンビニなどでも二日酔い対策ドリンクなどは売られていますが、それよりも、お酒を飲みながら、しっかり水を補給する事が二日酔い対策になります。お酒を飲むと利尿作用などにより、体内から水分が無くなる脱水がおこります。そのため、水を飲むことで、身体が調整され、酔いにくく、お酒の分解も早くなります。飲むな!飲み過ぎるな!というよりも、飲むなら水も飲む!というのが二日酔い対策の1つでもあります。

二日酔いになってしまった場合は?

そんなことを言っても、お酒と二日酔いは切っても切れない関係です。なぜなら、飲んでいるときは自分で会って自分でない。つまり酔っているわけですから、蒸留酒や醸造酒、水だ!なんてことは忘れていると思います。
なので、最後は二日酔い対策ではなく、二日酔いになってしまった場合に良い方法をお伝えします。

兎にも角にもまずは「水」!水分補給が必要です。二日酔いでは脱水症状と同じ状態でありますから、有無を言わず水分補給をしましょう。
次にビタミンB1!体内でアルコールを分解する時に多く消費されてしまう栄養素がビタミンB1です。なので、ビタミンB1が多く入っている食べ物を食べるようにすると少し回復が早まります。

そこで長年、二日酔いに悩まされている私がオススメする食べ物が「しじみ」です。しじみにはビタミンB1も多く含まれると同時に肝機能改善として効果があると言われる「オルチニン」が多く含まれます。このように昔から二日酔いにはしじみ汁が効果的と言われています。冷凍庫にしじみを常備することが二日酔い対策と言えるかもしれませんw

<まとめ>

いかがでしたでしょうか?お酒は美味しく、楽しい時間を過ごせますが、やはり二日酔いは地獄のような時間。次の日も無駄にしてしまいますし、飲まないという選択肢も難しい。
できるだけ二日酔いにはなりたくない。是非、今回の記事を参考にしていただき、より楽しいお酒ライフを満喫してください。

醸造酒より蒸留酒の方が不純物が少なく、アルコールを分解しやすい。とくにウォッカやジンは不純物が少なく二日酔いになりにくいお酒でありますが、ウォッカは単体では無味のため、香りがあり、ジンソーダなど食事にも合わせやすいジンがおすすめです。

そして、お酒は身体が脱水するため、とにかく水が重要です。しかしながら、飲み過ぎてしまうのがお酒。結局は二日酔いが再来してしまうこともあるかと思いますので、二日酔いになってしまった場合は水分補給をしっかりと行い、失ったビタミンB1の摂取とオルチニンの肝機能改善効果のため、しじみをおすすめしました。

是非、こうした対策で辛い二日酔いを少なくして、美味しいお酒ライフをお楽しみください。

あなたは20歳以上ですか? 本サイトはアルコール関連のページあり、20歳以上の方を対象としています。