【大人も説明できない】なぜ、お酒は20歳になってからなの?成人年齢引き下げによる酒類の扱い。

スーパー、コンビニ、あらゆるところで酒が販売されていて、20歳未満の方には販売できない。
もちろん、これは【法律】で決まっているため、20歳未満の人にお酒を販売すると罰せられるから販売できません。
しかし、見えるところに置いてあり、好奇心の多い若者は「ダメ!」と言われればやりたくなってしまうもの。
今日は、なぜ、お酒は20歳を超えてからなのか、私たち大人も20歳未満の若者も納得できる回答をお話できればと思います。
※2022年4月以降に成人年齢引き下げで18歳から成人となりますが、お酒は20歳を超えてからです。

<結論>

・中毒になりやすい
・バカになる
・責任が取れない
・結局は法律

実はこの20歳未満は飲酒ができないというのは、基本的に「法律」で決められているから。これが答えになります。
しかしながら、ただ法律で決められているから!と簡単に言っても納得できないこともあると思います。
まぁ、そんなことを言えば、法律と言うものが役に立たず、なんでもありになってしまうため、国が成り立たないわけでありまして。
しかし今回はこの20歳未満の飲酒制限について「なぜ?どこで?どういう風に決められたのか?」を深堀りしていきます。

中毒になりやすい

2022年4月1日から成人年齢の引き下げが行われ、18歳から成人になります。
そこで疑問になったのが、成人ならお酒を飲めるようになるのか?
答えは「No」です。
下記に法務省から抜粋した「成人年齢引き下げによる飲酒・喫煙について」の疑問とその答えを記載します。

Q4 お酒やたばこが解禁される年齢も18歳になるのですか?

A 民法の成年年齢が18歳に引き下げられても,お酒やたばこに関する年齢制限については,20歳のまま維持されます。また,公営競技(競馬,競輪,オートレース,モーターボート競走)の年齢制限についても,20歳のまま維持されます。  これらは,健康被害への懸念や,ギャンブル依存症対策などの観点から,従来の年齢を維持することとされています。

つまり、18歳は成人だが、身体は成長途中のため、健康被害、依存症対策として飲酒や喫煙、ギャンブル等は20歳を超えてからということです。

それでは日本人の身体の成長とあわせて健康被害や依存性などについて詳しくみていきたいと思います。

まずは、いつどこで、どんなふうに日本人の成人年定められたかと言うと「(明治9年)の太政官布告(だいじょうかんこくふ)にまでさかのぼります。当時、欧米諸国が21〜25歳程度を成年年齢と定めていたのに対して、それらの国の文明・制度に学んでいた日本は、より若い年齢を成年としました。その理由は欧米人と比べ、日本人が「精神的に成熟している」ことと、「平均寿命が短い」ことから、20歳が成年年齢として採用されたそうです。

日本人の身体の成長

日本人の身体の成長は男性と女性によってスピードが違うと言われています。
これは、東洋医学の教科書ともいえる文献『黄帝内経(こうていだいけい)』には、「女性は7の倍数」「男性は8の倍数」の年齢の時に節目を迎え、体に変化が訪れるという記述にあります。下記に大まかな男女の成長を表にしてみました。
・男性:8年周期
・女性:7年周期

男性
8歳永久歯が生えてくる。髪の毛が伸びる
16歳思春期・生殖機能の充足
24歳筋肉がしっかりと出来上がる
32歳肉体的ピーク・男性として最も身体が充実
40歳老化のはじまり
48歳シワや白髪が増え始める
56歳生殖機能の衰え・肝機能の衰え
64歳髪や歯が抜けやすい
72歳脾気が虚弱・消化器系の衰え
80歳肺機能の衰え
女性
7歳永久歯が生えてくる。髪の毛が伸びる
14歳生理がはじまる・妊娠が可能になる
21歳身体が成熟・背丈も伸びきる
28歳身体機能・生殖機能のピーク
35歳肌や髪が衰え始める
42歳シワや白髪が増えはじめる
49歳閉経が近づき、妊娠機能を失う
56歳肝機能が衰え始める
63歳心気が衰えはじめる
70歳脾気が虚弱・消化器系の衰え

こうして身体の成長速度を見ると男性も女性も30歳前後まで身体が成長するため、お酒は控えた方が良いのではないかと読み取ることもできる気がします。しかし、20歳前後で人としての身体が男女ともに完成されているとも見れるので、このあたりから太政官布告で20歳が成人として決められたのではないでしょうか?

責任がとれない?

責任がとれないというのはどういうことでしょうか?ここには賛否あるかと思いますが、1つは高校の進学率に関係するかと思います。日本では約98%の方が高校へ進学します。義務教育ではありませんが、やはり親の金銭で進学、大人に教育を受けるなど、まだ社会へ出ない状況です。
身体の成長が途中であることに加え、高校生というのは、まだ教育の段階であるため、お酒やたばこによる悪影響が大きいと言えます。

では、18歳になれば成人なので責任問題は関係ないのでは?という意見も出てくるかと思いますが、この18歳の成人というのは簡単に言うと、賃貸が可能になったり、クレジットカードの開設ができたりと、社会に出るための必要な準備が1人で可能になるということであり、まだ身体の成長と社会経験の少ない方が多く、やはりお酒やたばこ、ギャンブルなどの依存性の高いものには体もついていけず、成長の妨げになるため、お酒やたばこなどは20歳を超えてからなのでしょう。

<まとめ>

お酒が20歳になってからというのは、身体の成長や責任問題などを考えて法律で定めています。
ということで、法律が守ってくれているということです。
お酒を大量に飲む筆者に言われたくない気持ちもあると思いますが、私たちも商売がありますので、20歳未満の方にはお酒を販売することができません。
頭が固いオジサンだなぁと言われても、売りません。
しかし、20歳を超えたら買ってくださいwそして一緒に飲みましょう!

あなたは20歳以上ですか? 本サイトはアルコール関連のページあり、20歳以上の方を対象としています。