クラフトジンにライムを入れて飲まない方が良い理由!

今日はちょっと上から目線のタイトルになりました。ジンリッキー、ジントニック、ジンとライムの相性は非常に良いです!

あれ?書いてあることと、言ってることが矛盾している?

どうしてライムを入れない方が良いのか、実体験も含めて、今日はクラフトジンの飲み方を紹介します。

クラフトジンの味わい

結論から言いますと、現在のクラフトジンと呼ばれるものは、それぞれのメーカーが様々なスピリッツ、ボタニカル、製法を使って作っています。

例えば、北海道であれば昆布のジン、沖縄は泡盛ベースのゴーヤのジン、鹿児島は芋焼酎ベースのジン、和歌山はみかんのジン、世界にはビールを蒸留したジンや昔ながらの蒸留しないでボタニカルを漬け込んだバスタブジンなんかもあります。

それらのジンすべてがライムと相性が良いとも限りません。ここで、筆者の体験を1つ伝えます。

あるメーカーがジンを販売して、店舗でカクテルを販売していたのですが、そこで私はジンソーダを注文しました。

ジンソーダなので、単純にソーダ割りがくるかと思ったのですが、ライムを加えたジンリッキーになりました。

これは私の注文方法が間違っていたわけでもなく、お店が間違っていたわけでもないと思います。

ジン=ライムという定着した概念がそうさせたのだと思いました。

そこのメーカーのジンは個性がユニークであるというよりは、様々なボタニカルを使用して繊細な香りが特徴的な印象があったため、ライムを入れることで、美味しいのですが、その繊細な香りがライムに負けて、ライムの主張が強いカクテルになってしまい本来の味が分からなくなってしまったのです。

こうした経験から、そのメーカーの味わいを楽しみたい場合はライムを入れずに1杯目を飲み、これはライムを入れたら自分の好みになりそうだ!という風に判断する方が、現代のクラフトジンの飲み方としては楽しいと思います。

こうした経験を踏まえ、多種多様なユニークなジン市場もあることから、ライムは入れない方が良いと言っているわけですが、基本的にはジンとライムの相性は良いと思います。

ジンソーダ、ジンリッキー、ジントニック

ジンと聞くと真っ先に思い浮かぶのがジントニックではないでしょうか?このカクテルの基本的なレシピはジン、ライム、トニックウォーターで作られています。次に、ジン、ライム、ソーダで割ったカクテルをジンリッキー、ジンをソーダで割っただけのものをジンソーダと言います。

このジンソーダはクラフトジンが出るまでは主流ではないカクテルだったと思います。居酒屋などでも最近まで見かけませんでした。

そのため、ジン=ライムという固定概念が定着してしまったのだと思います。ちなみに筆者はハイボールにレモン入れてほしくない派ですが、居酒屋さんによってはハイボールにレモン入れるところ多いですよね。これも近年、スコッチやバーボン、ジャパニーズウイスキーなどの多様で質の高いウイスキーが市場に出回ることでハイボール=レモンという固定概念も少なくなってきたように思われます。

ライムは唐揚げにレモンのようなもの

唐揚げにレモンを勝手にかけるか、かけないか?という談義がたまにあるじゃないですか?筆者は居酒屋の席で「勝手にかけてもらって良いよ派」なんですが、レモンが嫌いな人や、勝手にかけられたくない派の人もいる時の選択としては「レモンをかけても良いか?」と聞くか、個々の皿でレモンをかけるかという選択が嫌な思いをしない人への配慮ではないでしょうか?

自分で作って飲む分には良いですが、これからジンを提供するお店では、唐揚げ談義のように、ライムを入れるか入れないかお店が判断するのではなく、お客様が選択できるようにしていく方が、クラフトジンの飲み方としてあっているように思います。

作り手であるメーカーの私たちも「ジンソーダ」というライムを入れず、ソーダだけで割る飲み方の提案をして、世の中に広く伝えて、ジンをより楽しく飲んでいただけるようにします。

ライム以外!?

最近のジンのカクテルはジン×ソーダ+ハーブ、果物などを加えたカクテルがあります!見た目にも可愛く、ハーブや果物はジンのボタニカルでもあり相性が良いので、おすすめです!

ジン=ライムではなく、現代のジンは目にも味わいにも楽しいお酒ですので、まだジンを知らない方も是非試してみてください!

あなたは20歳以上ですか? 本サイトはアルコール関連のページあり、20歳以上の方を対象としています。