名前アテビ(佐渡のヒバ)
概要ヒノキ科アスナロ属
主な用途建築材、木材、精油、消臭剤、抗菌スプレー、入浴剤
香りヒノキを落ち着かせたような香り、葉は少し柑橘のような香りを持ちます。
効果・効能ヒバに含まれるヒノキチオールは抗菌、抗ウイルス作用、抗肺炎球菌など
分布日本では主に青森ヒバ(青森県)、能登ヒバ(石川県)が代表するヒバの生産地ですが、佐渡でもヒバの生産が昔から行われています。佐渡の人はのヒバのことをアテビと呼んでいます。
佐渡のアテビ
佐渡のアテビを運ぶ
ヒバを育てる林業従事者

アテビの名前の由来

アテビとは佐渡で呼ばれているヒバのことです。青森県ではヒバ、能登ではアテと呼ばれ、佐渡のアテビは能登から来たと言われています。アテビはヒバの他、アスナロヒノキという名称もありますが「明日ヒノキになろう」というヒノキよりワンランク下の素材という意味で名付けられた説もありますが、防腐、抗菌、抗ウイルス作用を含め、今ではヒノキより優れた木材という認知も広がり、ヒノキより高値で販売され、高級木材として知られています。

どんな製品がある?

建築材や木材として一般的に青森や能登から市場に出回りますが、精油や入浴剤でも近年はドラッグストアやインターネットで製品化されています。コロナの影響からヒバの持つヒノキチオールの抗菌、抗ウイルス作用、肺炎球菌への効果が研究され、さらに多くの製品が市場に広がりを見せています。

クロモジの持つ香りの秘密

アテビの持つ香りの秘密は「ヒノキチオール」と呼ばれる成分になります。ヒノキチオールという名前が付いていますが、日本国内のヒノキには、このヒノキチオールはほとんど含まれていません。ヒノキチオールはフィトンチッドと呼ばれ、木が菌や虫などから身を守るために放出する毒ですが、これが人間にとってはリラックスや幸福感を与えてくれる、いわゆる「森林浴」というものです。

ろくもじの取り組み

ろくもじ株式会社では、佐渡のアテビ生産者から木材を買い取っています。佐渡でアテビは植林されて増やしていますが、なかなか市場に出回らず、資金が循環していないですが、良質な木を将来残すために木を大きくして価値あるものにするための間伐が行われています。
私たちはその間伐材の木を買い取ることで、林業の新しい産業を模索しながら、佐渡のアテビのブランド化を目指いしています。

クロモジを使ったROKUMOJI

rokumojiクラフトジン

ROKUMOJI Craft GIN #01

メインボタニカル:佐渡のアテビ(間伐材)、クロモジ
サブボタニカル:リンゴの芯、村上茶、アンジェリカルート、ジュニパーベリー

アルコール度数:43%

容量:700ml

森林資源や食品廃棄の問題をテーマに「体内森林浴」を感じていただける爽快なクラフトジンです。