記事一覧

どんな味がするの?【体内森林浴とは?】

体内森林浴というキャッチフレーズは味を表現しているのですが、意味が分かりませんねwww

ROKUMOJI Craft Gin #01はアテビ(佐渡のヒバ)とクロモジを主体に村上茶(ほうじ茶)、ドライアップル、アンジェリカルート、ジュニパーベリーという6種類のボタニカルで構成されています。

アテビはヒノキに近い香りがしますが、ヒノキより刺激が少ない優しい香りと、柑橘のようなシトラスの香りを持っています。

クロモジは和製ハーブと言われ、柑橘系の香りの部類になります。

この二つが1500本の中に約200キログラムずつ入っていまして、木の香りを楽しんでいただけます。

森林に入ったときに、心地よい緑の香りを感じていただけるかと思います。

最初にアテビとクロモジの香りを感じていただいた後に、香ばしいほうじ茶の香りがきます。

森林の中で感じる、土や枯れ葉のような香りの表現、そして日本の伝統も感じられるほうじ茶はほのかに甘みも含まれ、奥深い味わいが楽しめます。

そして、リンゴの持つ果実独特の瑞々しさ、甘さ、酸味が口の中に残ります。本来捨てられてしまうリンゴの芯をドライフルーツにして旨味を凝縮しました。

森の中で見つけた果実を思わせる楽しみが余韻を残します。

アンジェリカルートはアンジェリカという植物の根です。上記4つのボタニカルと相性が良く、それぞれを1つにまとめる役割は、植物の根源である根の役割をしています。

そしてジンの定義であるジュニパーベリーです。ROKUMOJIはジュニパーを控えめにしているため、使用しているボタニカルを楽しんでいただけます。

ジンのジュニパーが得意でない方も、是非、一度飲んでみてください。もしかしたら、ROKUMOJIをきっかけにジンが好きになるかもしれません。

ROKUMOJIを飲むと、まるで森林浴をしているような癒しを得られ、美味しい空気を吸うような味わい。

届きましたら、是非、体内森林浴をお楽しみください。

引き続き何卒よろしくお願いします。

写真はROKUMOJIのテスト品です。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP