ジンの製造方法

ジンとは、ベースとなるお酒(ベーススピリッツ)に風味付けのボタニカルを加え、蒸留して作られるお酒です。

ベーススピリッツやボタニカルの種類はもちろん、蒸留方法によっても風味ががらりと変わってくる、面白いお酒です。

ボタニカルを直接ベーススピリッツに漬け込み、それを蒸留させる浸漬法や、ボタニカルをベーススピリッツに漬け込まず、蒸留の蒸気で香りを抽出するバスケット法などがあります。

ろくもじクラフトジンの製造過程

ベーススピリッツ:ライススピリッツ

世界で蒸留されているジンのベーススピリッツとして使用される材料は、小麦、大麦などの穀物やトウモロコシ、廃糖蜜をベースとしたスピリッツがほとんどです。

新潟県と言えば、米どころ。ろくもじクラフトジンはサプライヤーが吟味した国産米を原料とした、最高級ライススピリッツを使用しています。
お米のベーススピリッツは、日本人に馴染み深いもの。シンプルな味わいの中に甘み、深み、香りが複雑かつシンプルに、お米の旨味が活かされた品質の高いスピリッツです。

ろくもじクラフトジンの大自然の香りを感じていただくため、スピリッツは個性的というよりは香りを引き立て、旨味を残すライススピリッツを採用しました。

 

 

蒸留方法:マセレーション

ろくもじクラフトジンは、マセレーションと言って、それぞれのボタニカルを別々に浸透する蒸留方法です。
個々のボタニカルを蒸留してからブレンドすることで、味がぼやけず、それぞれの素材の持ち味が引き出されます。
大自然の緑豊かな森林のように、多様な植物がひとつの背景をつくりだし、複雑な色合いを調和して、1つの作品をつくりだすアートのようなジンに仕上がりました。

 

 

蒸留所:新潟麦酒株式会社

新潟県新潟市西蒲区越前浜という海辺にあるお酒の製造会社です。

主にクラフトビールとウイスキーを専門に取り扱っていますが、ジンの製造もおこなっており、多様な知識があります。

ろくもじクラフトジンは新潟麦酒と1年をかけて試作を繰り返し、味や香りの探求を極限まで高めました。

マセレーション、ブレンディング、私たちのクラフトジンの思いと職人の技術が融合してろくもじのクラフトジンが誕生しました。

PAGE TOP