記事一覧

SDGsの取り組みについて

SDGsとは

持続可能な開発目標Sustainable Development Goals)の略語です。

持続可能な開発のため国連が定めた国際目標で、2030年に向けより良い世界を目指す内容となっています。

ろくもじ株式会社は持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

主な取り組みは、以下の通りです。

地域資源を活用し、持続可能な原材料を調達します

ろくもじクラフトジンの香り付けとして使用しているボタニカルは、

  • アテビ(新潟県佐渡市)
  • クロモジ(新潟県魚沼市・長岡市)
  • ほうじ茶(新潟県村上市)
  • ドライアップル(新潟県十日町市加工)

を主に使用しています。

木材はアテビの間伐材やこれまで有効活用されていなかったクロモジの枝を使用し、木材の爽やかな香りをお酒に移しました。これらを使用することにより、林業や里山への貢献と、今後の森林整備への資金調達となります。

ドライアップルはこれまで廃棄されていた芯の部分を使用し、食材を余すことなく使い切り、食品ロスに貢献しています。

働き方の多様性を目指します

ろくもじ株式会社は、従業員の健康を守るとともに、従業員の働き方についても柔軟に対応しています。

産休・育休制度はもちろん、長期休み中のお子さんを一緒に連れての出勤にも対応しています。子どもたちがいることで、賑やかで思わず笑みがこぼれる雰囲気になります。

  • 子連れ出勤(カンガルー出勤)の受け入れ
  • リモートワークの実施
  • 会社負担での健康診断の実施
  • 会社内完全禁煙
  • 全体で集まっての飲み会の廃止
  • ミーティングはオンラインで行う
  • 男女の区別や、子どもの有無の区別なく採用

サステナブルな酒づくり

地域にはまだまだ知られていない魅力が多く残っていると感じます。

でもそれは、毎日見ているとなかなか気づきにくいもの。ふと足を止めたとき、少しだけ視点を変えてみたとき、その魅力に気付く瞬間があるかもしれません。

新しいものを求めるのも、ワクワクして胸が躍ります。

今あるものを活かすのも、それもまた素晴らしいことです。

私たちはこれからも、新潟の肥沃な大地で育った素材を活かし、未来へと続く酒づくりを挑戦し続けます。

ろくもじクラフトジンのご購入はこちら

ろくもじクラフトジンのオンラインショップ

ランキング参加中!

↓良かったら下のバナーをポチっと応援よろしくお願いします↓

ブログランキング

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP