ろくもじについて

2020年6月6日に、「自然×人×モノ」の循環をテーマにしたお酒づくりをスタートしました。

ろくもじクラフトジンの「6」の由来は、6種類のボタニカル、6つの使命から名付けられました。

最初から6という数字にこだわりがあったわけではありません。お酒づくりを追求していき、不要なものを取り除いた結果、選ばれた物が偶然「6」という結果でした。

私たちはお酒づくりを通じて、持続可能な森林資源の活用方法や、食品ロス、新潟の魅力を伝えています。

田舎の小さな会社ですが、小さな製品から多くの魅力を感じていただけるよう努めています。

<6種類ののボタニカル>

・アテビ(佐渡ヒバ)、クロモジ(栃尾・大白川)、村上茶(村上市)、ドライアップル(十日町市)、アンジェリカルート、ジュニパーベリー

<6つの意味>

環・香・味・姿・楽・語の6つの漢字から構成されたクラフトジンです。
=環境。クラフトジンを通じて間伐材の利用や里山の森林資源、廃棄される食材、伝統と文化、持続可能な開発をもとに地域の素材を詰め込み世界のかかえる環境問題を広く伝えます。

=香り。大自然の中に身を置いた時に感じる樹々や土、水の香りです。アテビとクロモジを主体として、村上茶(ほうじ茶)の香ばしさとリンゴの甘みと酸味がほのかなエッセンスとなり、それぞれの良さを引き立てバランスを整えるアンジェリカルート、そしてジンの定義でもあるジュニパーベリー。

=味わい。森林を詰め込んだクラフトジンの味は口当たりがやさしく、木の香りと共に6種類のボタニカルの複雑で繊細な風味が特徴です。ストレート、ロック、ジントニックやカクテル、それぞれ飲み方で変化を楽しんでいただけます。

姿=デザイン。ろくもじのロゴ、ラベルデザインは森林とそこに住む動物たちをモチーフにしています。皆様の手にとっていただき、見ていて森林を感じ取れるデザインにしました。

=楽しい。喜怒哀楽は喜びも怒りも哀しみ、それぞれの感情があるからこそ人生は楽しくなります。それぞれのシチュエーションで様々なお酒、それが意味することこそ、お酒の楽しみ方。

=語る、物語。私たちのクラフトジンには物語がつまっています。そしてその物語はまだ始まったばかり。皆様とこれから一緒につくっていくことが、ろくもじです。是非、ろくもじを飲んでいただき、夢や希望、挫折や不安、未来について語りましょう。

PAGE TOP